はじめましてサイト管理人の宮崎りえと申します。
数ある占いサイトの中でこちらによって頂きご覧いただきありがとうございます^^

実は私、今では占いサイトを運営していますが元々は占いなんて全く信じていませんでした。
いや元々はと言うか、タロット占いや霊感占いは今でもほとんど信じていません。

占い師なのに^^;

ただ、そんな疑り深い私でも
「確かにこれはすごい!」
「かなり高い確率で当たる!」
と言える占いもあるのです。

何故そう言えるのか?

それは私が【27歳でバツイチ独身彼氏なしの寂しいアラサー女】と周りから見られ、人生のどん底を味わったこと。
そしてそこから這い上がった経緯にあります。

ある占いによって運気の流れに則って行動することで不幸のどん底から這い上がり、更に幸せになる事が出来たのです。

どん底に落ちる前触れは今から14年前の話、私がまだ23歳だった頃の話です。

田舎産まれ田舎育ちの私の周りには既に結婚している同級生が何人もいました。

「23歳で!早いな~!」と今となっては思いますが、田舎は兎に角『結婚適齢期』が早い!
23にもなると近所のおばさんに「結婚はまだ?」て聞かれるのはよくあることです。

 

『25歳までに結婚が理想』が暗黙の掟となっていました^^;

そういう訳で私も(そろそろ結婚相手を見つけないと!)なんて焦ってたんですね。
焦って焦って、それでその頃何故か意気投合した男性といつの間にか付き合うことになったのです。

毎日彼からのメールを楽しみに待つようになりました。

『仕事の後会える?』って(#^.^#)

休みの日にはディズニーランドで手を繋いでデートをしたり、海までドライブしたり。

(この人とは気が合うな~!(#^.^#))
(一緒にいて楽しい♡)
なんて思ってました。

 

・・・はじめは。
はじめはどのカップルもそうですよね(;´∀`)

2年ほど付き合った頃(25歳)

何となくマンネリを感じ始めていた私は、2人の関係に疑問を持ち始めました。

恋人としてはいいですが、何となく、結婚相手にはふさわしくないような・・・。

(この人でいいんだろうか?)
(このまま付き合って上手くいくの?)

でも、ここで頭をもたげてくるのが田舎の掟!
絶対的スローガン『25歳までに結婚!』

(私もう25歳だから、そろそろしないと行き遅れる(꒪Д꒪)ノ )
(どうしよう・・。でも別に仲悪いわけじゃないしいいよね。)

そんな風に結論づけしばらくすると、
何と彼からプロポーズが!

彼「りえ、結婚しよう!」
私「(キャーーー!嬉し~~!)はい!!!」
※プロポーズされた瞬間て我を忘れるものなんです^^;

こうして私は田舎の世界の成功者となったのです・・・

・・・・・の、はずが!!!

結婚してみてわかったこと、それは相手と私の価値観の違い。

  • きれい好きな私、なんでも出しっぱなしの相手
  • 仕事に備えてしっかり眠る私、夜中まで起きてる相手
  • 家で食事したい私、外食したがる相手

どちらが良い、悪いの話ではなくて、価値感が全然違う!

価値観が違えば、お互いストレスが溜まってきますよね。

私「コーヒーの缶ぐらいゴミ箱にしっかり捨ててよ!」
相手「今捨てようと思ってたとこだよ。」

私「嘘!昨日からずっとそこ(テーブル)においてあるじゃん!」

はたまた

相手「今日は焼肉にしよう!」
私「今日は魚買ったから魚だよ。」

相手「なんで?いいじゃん焼肉!」
私「鮮度落ちたら美味しくないからまた今度にして。」
相手「なんだよそれ!ヽ(o`皿′o)ノ」

こんな感じです。
まるで子供の喧嘩ですね。

でもストレスが溜まってるとこんな事が日常茶飯事。
お互いのストレスが限界に達したところで離婚することになってしまいました。

27歳の冬のことでした。

こうして私は片田舎で【バツイチ】という烙印を押されることになりました。

27歳バツイチ独身女。
人生の失敗者。
どん底不幸女。

そんな烙印です。

お正月には親戚と何を話して良いのか分からず、近所のスーパーに行くにも周囲の目が気になります。

なんだか凄く気を使われているような、でもただ話のネタにされているような・・(泣)
たまたま会った同級生でさえ【アラサーバツイチ独身女】目線で見ている気がするのです。

何となく、そんな風に感じるのです。
(たまたま会った同級生までよく知ってるな)と思うかもしれませんが、田舎ってこんな感じですよ^^;

正直この頃は外に出たくなかったです。
知り合いに会おうもんなら「最近どうしてる?」です。

(私が離婚したこと知ってるの?知らないの?)
(「最近どうしてる?」って、なんて答えたら良いの?)
(もうやめて!!!)

こんな日々が一年ほど続いたある日、見かねた親友が気晴らしに誘ってくれたのです。

そしてこれが私の人生の転機となります。

離婚から一年。
28歳の事でした。

親友が誘ってくれた気晴らしが、これが変わっていて、何と『霊能者に会いに行く』ってものでした。

笑えますよね^^;
誰にも会いたくないし、霊能者って・・(;´∀`)

行きたくなかったですがしつこいので渋々ついていくことになりました。
で、霊能者に運勢を見てもらったんです私。

いわゆる霊感占いですね。
鑑定料3万円。

その霊能者さんいわく私の離婚の原因は『私に低級霊がついていて、その低級霊が邪魔しているから!』

(ぜっ・・・絶対ウソでしょ!(汗)(汗)(汗)(汗) )
(インチキ霊能者でたーーーー!!!)

霊能者「右肩のところにいるからお祓いしましょう。
これ以上運勢が悪くなるといけないので早くした方がいいです。」

私「(絶対個の人お祓い料目当てだよね。)いえ、結構です(ピシャ!!)」

こうしてインチキ霊能者を成敗し、「二度と霊能者などに会うか!」と親友を説教したのでした。
まぁ気晴らしにはなりましたけどね^^;

その後しばらくして同じ親友とともにタロット占いも受けましたが、これまた大ハズレ!

その時は、

タロット占い師「あなたは20代後半から運気が良くなる。」
てことで・・
私「(27歳で離婚したんだよ!今どん底ですよ!)・・そう・・なんですか・・。」

(霊能者とかタロット占いとか何なの?全然的外れ!)

そんな変わった気晴らしをしていたのでした^^;

(全然人生の転機じゃないじゃん!)て言われそうですが、実はこの話には続きがあるのです。
ここからが転機です。

それから半年後、確か28歳の紅葉シーズンでした。

例の親友が懲りずに私を気晴らしに誘ってきたのです。

私「占いとかもういいよ。どうせインチキでしょ?」
親友「この前のはごめんね(汗)詳しく調べたんだけど、タロットとか霊感占いって占い師の腕によってかなり鑑定結果が変わるらしいの。」

私「テキトーってことでしょ?」
親友「(;´∀`)テキトーってテキトーだね^^; でもね、誰が占ってもしっかりとした結果が出る占いがあったの!」

私「ふ~ん。」

親友「中国4000年の統計結果から導き出してるから、人生の大まかな流れがわかるし、しかもある程度知識がある占い師なら誰でもそれを読めるらしいの。」
私「ふ~ん、それで?」

親友「実は私ね、その占いする人にこの前鑑定してもらってきたんだ♡」
私「また行ったの?それで、どうだったの?」

親友「それがね、信じられないかもしれないけど、私の性格、特技、適職、お父さんとお母さんの仲まで全部正確に当てられちゃったの!」
私「ほんとに?どんな風に?」

親友「お父さんは職人肌で細かい作業に向いてるとか。
(確かにお父さんは機械技術者です。)

お母さんはしっかりしてるけど財布の紐が緩みやすいとか。
(確かに・・20万円の浄水器を即決で買ったりしてます^^; )

私の性格は人に勝ちたいとか競争したいって意識は低くて、負けてもいいから楽しみたい人、とか、
結婚のタイミングは24,29,38とか。(確かに24で結婚してます。)」

私「(確かに当たってる。)結婚する年齢まで分かるの?」
親友「うん。分かるんだって。だから一度鑑定士もらいにいかない?」

私「(そんなに当たるなら興味があるけど・・)う~ん・・・。」

ここで出たこんな一言が私の心を揺さぶりました!

親友「私これすごい自信あるから、りえが納得行かない鑑定だったら私が鑑定料払ってもいい!」

そこまで言うならとその占いを受けに行くことにしたのです。

一時間で鑑定料なんと3万円!
高い!!

とりあえず親友が払ってくれました。

占い師「よろしくお願いします。」
私「お願いします。」

占い師「それではあなたの生年月日ともし分かれば生まれた時間、生まれた場所を教えて下さい。」
私「はい。昭和~年の京都市中京区生まれです。」

占い「今日占ってほしいことはなんですか?」
私「はい。私はこれから幸せになれるのかを占ってほしいんですが・・。」

占い師「幸せになれるかですね。それは誰でもなれますが、そうしたら、『いつ、どう動いたら幸せになれるか?』を占っていきましょうか。」

私「はい。特に恋愛運を見て欲しいです。(いつ、どう動いたらってどういうこと?)」

占い師「恋愛運ですね。う~ん・・・分厚い本を出して鑑定中・・・・。」

~~~2,3分語~~~

占い師「ええと、宮崎さんは26で大運天中殺中終わったところですね。ただ、28,29と天中殺なので30歳になるまでは結婚したりしないほうが良いですよ。するとしたら27歳の時でしたね。

今更言っても遅いですが、日干(かんごう)と言って結婚するのにいい時期でした。
なので、恋愛は焦らずもう少しだけ待って下さい。」

私「大運天中殺?ってなんですか?」

占い師「生まれた年、月日によって120年の内20年続く天中殺のことです。簡単に言うと、この間に手に入れたものは全て返さなきゃいけません。そうしないと返せ返せという現象がずっと起こりますよ。」

私「え?どういうことですか?」

占い師「宮崎さんは6歳~26歳までが大運天中殺なので、例えばこの時期に結婚したすると、27歳~ずっと離婚の危機に見舞われることになるんですよ。」

私「ええ?!実は私、去年離婚したんです。」
占い師「あっ!・・そうだったんですか・・・。お気の毒でしたね・・。今は付き合ってる男性いらっしゃるんですか?」

私「いえ、今はいません。」

占い師「それは不幸中の幸いです。28、29歳は12年に2年ある天中殺なので、その2年はだれと付き合っても後に別れることになりますのでお付き合いは避けたほうが良いですよ。」

私「天中殺ってそんなに恐いものなんですね(汗)」

占い師「いえ、天中殺が恐いわけではないんです。天中殺には天中殺の過ごし方があるので、上手く過ごせば良いことがたくさん起きますよ。
仕事ですごい成果を出したり出来るのも、天中殺とか大運天中殺のときです。」

私「そうなんですか!」

占い師「例えばSMAPはキムタクが大運天中殺に入った年にデビューしてますし。」
私「ええ?!あんなに活躍してるのに大運天中殺中なんですか?」

占い師「そうですよ。上手く過ごせばあんなふうに活躍できます。ただ、大運天中殺が終わったらそこで得たものは何らかの形で返さないといけないですが。」

私「そうなんですか。それっていつですか?」
占い師「2016年ですね。宮崎さんは一昨年終わってます。今年と来年は普通の天中殺です。」

私「私どうしたらいいんですか?」

占い師「28,29歳は力を貯める時です。勉強したりするといつもの何倍も学習効率が良いですよ。なので仕事を頑張ると成果が上がりやすいですよ。」
私「勉強と仕事ですか。」

占い師「ただ、新しいことははじめないで下さい。それはお返しすることになる、つまり潰れるので^^;
その時期によっての過ごし方を間違えるから辺に失敗したりするんですよ。天中殺って過ごし方によっては素晴らしい時期なんですよ本当は。」

私「そうなんですか!!ちなみに、私前の人とはじめは仲良かったんですが、結婚する前辺りから(ちょっと違うかな?)と思い始めたんです。あれは何でですか?」

占い師「相手の方の生年月日と生まれた場所わかりますか?」
私「はい。昭和~~~の~~です。場所は~~~だと思います。」

~~~2,3分後~~~

占い師「二人の相性なんですが、はじめは話も合って意気投合しやすいですね。
ただ、友達としては良いんですが恋人としては向いていません。」

私「(うわっ!その通り!)はい。」

占い師「しかも大運天中殺中に結婚してるので離婚するか別居するかしますね。結婚を27歳まで待てれば離婚まではいかずにすんだとは思いますが、何しろ時期が悪かったですね。」
私「そうだったんですね(泣)」

占い師「なので、離婚してからはそんなにギクシャクしてないんじゃないですか?」
私「(うっ!よくご存知で・・。)はい実は。」

実は離婚してからは引越の手伝いをしてもらったり、仕事の相談に乗ってもらったり、それまでの不仲がウソのように自然と仲良く出来ていたんです。

占い師「元々友達としては相性いいですし、返すものを返したのでそうなったんですよ。
ただ、恋人とか結婚相手としては相性全然良くないもで離婚もある意味正解だったと思いますよ。」

私「(なんだか救われた気持ち)それじゃ私は28,29歳は自分磨きに専念して、新しいことをはじめないほうが良いんですね?」

占い師「そう言うことです。天中殺中は自分磨き!逆にこれやらないともったいないです。」

私「うぅ・・・そうだったんですか。」

占い師「30歳になったら新しい事、仕事でも恋愛でもどんどんはじめて下さい。30歳は運勢がその流れに乗るので、逆に新しいことをはじめないと上手く物事が運ばなくなってしまいます。」

私「(何この占い師すごい!全部当たってる!)わかりました。ありがとうございます!
(今までの霊能者とかタロット占いとかは一体何だったんだろう?)

占い師「もう時間ですが、大丈夫ですか?」

私「あと一つだけ。あの、タロット占いとか霊感占いってやったことあるんですが、あれはどうなんですか?」
占い師「ああ、タロットも霊感も当たる人は当たりますが、当たらない人は全然当たらないです。」

私「どういうことですか?」

占い師「タロットは占い師の状態がカードに影響しますし、霊感占いは霊能者の霊能力次第ってことです。なので占いう人によって全然鑑定結果が違ったりしますよ。
実は相当占う側の力量が必要なので当たる人があまりいないんですが^^;」

私「ああ!そうだったんですね!(だから外れたのか!)
先生がやってるのは凄く当たりますけど、なんて占いですか?」

占い師「私がやっているのは四柱推命(しちゅうすいめい)占いと言って、中国から伝わってきた何千年も前から使われている占い方法です。
昔から戦国武将が戦をする時に時期を占ったり、今でも大企業の社長さんにはお抱えの占い師がいたりするんですが、大体四柱推命占いですね。」

私「そうなんですか!四柱推命占いってすごいですね!こんなにズバズバ当てられるとは思ってませんでした。不思議。」

占い師「四柱推命(しちゅうすいめい)占いは数字の世界の話で、今やったように生まれた年、月日、場所による天体の位置で一生の運気が決まるって考え方なんですよ。
なのでセンスなどは必要なく、ある程度練習すれば誰にでも使える占いです。

しかも何千年もの蓄積から得られた情報なので精度が非常に高いです。

タロットとか霊感とは比べ物になりませんね。
霊能力も必要ありません^^;」

私「なるほど。そうだったんですね。私にも・・出来ますか?」
占い師「もちろんです。でも、ある程度の訓練は必要ですよ。」

こうして占いに興味を持った私は四柱推命占いを学び実践し始めたのです。

占い師さんが言ってた『今は学ぶ時期』を早速はじめたわけですね^^
※このサイトでもご紹介していますが、今では手相や人相を見ることも出来ます。

 

それから恋愛は脇のどけておいて四柱推命占いを学びながら天中殺が過ぎ30歳に!
今から7年前ですが、既にかなり精度の高い占いができるようになっていました。

「30歳になったら新しい事を初めていい。」
「恋愛をはじめてもいい。」
と言われた30歳でしたが、そう都合よくは出会いってないものですよね^^;

30歳にもなると地元に残る同級生たちはほぼ全員、9割は結婚して家庭をもって、子育てをして、私は完全に孤独な三十路女の扱いになってました。
もちろん私が決めたわけじゃありませんが、私の前で『結婚』の話題はタブーに!

それでも、私は全然焦りはありませんでした。

何故なら、30歳~新たな流れが来ることを知っていたからです。

運気の流れを知らなければギャンブルのような人生になる。
運気の流れを知っていればそれに乗ることを考えれば人生上手くいく。

恋愛や結婚では運気の流れに加えて相性を知るだけ。
たったそれだけのことです。

たったそれだけの事なんですが、これを知らずに恋人ができなかったり、変な男に捕まったり、私のように結婚したはいいけど不仲になって離婚したり・・・。
本当は幸せで楽しくなるはずだった人生がもったいない。

今ならわかりますが、恋人が出来たり結婚し不幸になったり別れてしまったりするのには今お伝えした2つの理由があります。

  • 相手との相性が悪い
  • 結婚する(付き合う)時期が悪い

私は相性も悪いし時期も悪いしでWでダメでしたが^^;

相性が悪かったら幸せな付き合いを続けられるはずがありませんよね。
これは誰にでも分かること。
問題は『結婚する(付き合う)時期を間違える』ことです。

せっかく相性抜群の相手と出会えても運気の流れに逆らって付き合ったり結婚したりすると台無しです。
勝負するべきではない時に勝負をしてはいけないのです。

時期を間違えると、なんとなく居心地が悪くなったり、口論が絶えなくなったりしてしまいます。
占い師さんも言ってましたが、天中殺だから悪い時期ではないのです。

季節で言うなら冬の時期。

冬には冬の過ごし方があります。
冬は春に向けて力を貯めるのです。

桜が冬に力を貯め春に目一杯咲き誇るのと同じこと。
人間も桜と同じように冬には冬、春には春の過ごし方に則って過ごすのが自然で、運気の流れに乗れるのです。

ただそれが人それぞれ違うので分かりにくい^^;

それが誕生日と生まれた場所で計算すると、自分が今どの時期なのか?がわかる。

それが四柱推命なのです。

 

私は28,29は完全に力を貯める時期だったので、兎に角ためました。
30歳~しっかり花開くために。

 

では30歳の誕生日を期に何がどう変わったか?

 

四柱推命では『新しいことを始めるのに最適な時期』ですよね。

実は30歳の誕生日から6ヶ月がたったある日、仕事の関係で男性(水瀬さん)と出会いました。

気さくな方だったのですぐに打ち解けましたが、正直タイプではない。
なので恋人とかそういう感じではなく、あくまでビジネスライクな付き合いをしてました。
私は水瀬さんとの恋愛なんて全く望んでない。

でも、相手の方はそうではなかったようで、真剣に告白してきました。

何度も何度も。

その度に私はいつも

「すみません。」
「水瀬さんと付き合う気ありません。」
「仕事の付き合いだけでお願いします。」

と断っていたくらいタイプじゃなかったんですよホントに。

でもあまりに誠実に真剣に気持ちを伝えてくれるので、念のために四柱推命占いで相性を占ってみると・・。

『天干(てんかん)の関係』
つまり、
『すごく気が合うわけではないけど一緒にいると安心できる。』
『ラブラブ~な感じにならないとしても長続きする恋人や結婚相手には良い関係。』
『お互い信頼し合えるパートナー』
なのでした。

(これは・・・中々の良縁ではないか・・。)
(しかもタイミング的にも最適な時期。)

全く恋愛感情はありませんでしたし、焦りもありませんでしたが
運気の上がれが『水瀬さんと付き合うと良いよ』と教えてくれたので遂にこの流れに乗ることに決めたのです。

30歳と9ヶ月目の事でした。

そしていざ水瀬さんと付き合いはじめてみると、いつも私を大切にしてくれて正にグッドパートナー!

私が仕事で挫けそうな時はいつも励ましてくれたり、2人の予定が合う日にはデート。
(まるで自分はお姫様なんじゃないか?)と錯覚するような接し方をしてくれるのです。

いざ付き合ってみると、想定外なことに私はどんどん水瀬さんに惹かれていきました。

(駄目な時期に焦って、つまんない相手と結婚しないで良かった……!)と改めて実感。
(運命が分かるってすごい!)と再確認したのでした。

そんな風に楽しく月日はたち、いつの間にか水瀬さんと付き合って4年以上。

・・・それは私の35歳の誕生日でした。

夜景がきれいなレストランで・・

水瀬さん「一生大切にするので結婚して下さい。」

私「\(@;◇;@)/」

答えはもちろんYES!
上手くいくのは分かっていたけどほんとに嬉しい!
私だって水瀬さんと結婚したかったんですもの!

そして翌年には子供も授かり、今は親子3人幸せな生活をしています。

更に言うと、付き合いたての頃はただの平凡なサラリーマンだった水瀬さんも出世をしていき、結婚後に独立(もちろん運気をみての独立です)今では小さな会社の社長さんになって、経済的にも文句なしです^^

27歳バツイチ孤独な不幸女の烙印を押されていた私。
特に特別な事をしたわけではありません。

ただ運気の流れに合わせて生きるだけでこんな風に幸せになれたのです。

私はこのサイトに訪れる読者さん全員にもっともっと幸せになって欲しいと思っています。
たとえ今不幸のどん底にいたとしてもそれは運気の流れを知らなかったからに過ぎません。

知らなければ目隠しして車を運転するようなもの。

事故を起こして当然、人生で挫折しても当然です。

今あなたが何歳でも関係ない!
周りが焦らせてきても関係ない!
苦しんでるのは逆風の中の過ごし方を知らないから。

自分の運気の流れを知り、それに合わせて生きなければ
逆流に逆らって進むような、精神的にも肉体的にもキツイトラブルがあちこちで起きる人生になってしまいます。

でも、自分の運気を正しく把握し、それに合わせて力をためたり新しいことをはじめたりすれば物事が流れるようにスムーズに運ぶようになるのです。

あなたが運の流れに乗って幸せに生きていくためにこのサイトをご利用いただければ幸いです。

運の流れにのって理想的な幸せな人生を送る方法で運の流れに乗る方法を詳しく解説しましたので是非ご覧ください。

 

サイトポリシー&プロフィール

運の流れにのって幸せに生きる方法